フランチャイズ(FC)に関して役立つ情報をお届けします。

在宅療養マッサージ 和みの独立・開業・起業情報

2016.05.14

高齢者人口の増加を背景に、高齢者(65歳以上)向けの「医療・医薬」、「介護」、「生活事業」の3つの事業の消費市場は、2025年に100兆円規模に拡大する見通しです。

在宅療養マッサージ 和みの特徴

「在宅療養マッサージ 和み」は、寝たきりになられている方や、脳血管障害の後遺症 などで麻痺が残り、不自由な生活を強いられている方に対して、日常生活動作の向上を目指し自立的な動作を支援していくことを目的としています。

小資本(239万円)で開業できる「在宅療養マッサージ 和み」。年商1億円も可能な介護・福祉事業です。

興味を持たれた方は、ぜひ当社へ資料請求してください!

在宅療養マッサージ 和みのビジネス形態について

shinia

 

○麻痺や運動障害、関節拘縮の機能回復と機能維持を目的とし、専門のマッサージやリハビリ運動療法を施します

○ 国家資格保有者(あん摩マッサージ指圧師)が自宅へ訪問し、身体の状態に合わせた特殊技術で施術します。身体に負担をかけないマッサージによる施術時間は、1回約30です。

医療保険(社会保険、国民保険、高齢者医療保険など)を用いた施術です。介護保険でリハビリを受けている方も受けられます。

1回当たりの自己負担は300円~500円程度。ご利用者様の往診距離や施術部位数によって異なります。

在宅療養マッサージ 和みのビジネスのメリット

厚生労働省が定める療養費があるため、価格競争はありません

「在宅療養マッサージ 和み」は、大手には真似できない、誠意をもってきめ細やかなサービスを行っています。

入院や引越し、死亡など以外での解約はほとんどなく、新規利用者様を獲得する毎に上積みできるストック型ビジネスです。

要介護者や身体障害者の自立を応援し、多くの人に感謝され喜んでいただける在宅療養マッサージ事業です。

マッサージを施すことで、利用者様の身体改善が実現でき、全体の医療費削減に繋がっていくと確信しています。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

業種から選ぶ

カテゴリー

アーカイブ